FC2ブログ
プロフィール

fumbart

Author:fumbart
作ってみました
real type Potato-Hallucigenia

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


筑波嶺夜想曲

心理兵器:秒速5センチメートル

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた
見た人は必ずうなってしまう、新海監督の、あの映像美。その軌跡を追ってみました!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏切をわたる小学生の明里と貴樹
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その69 踏切をわたる小学生の明里と貴樹
070humikiri.jpg

このキャプチャ画像は、本編中には出てきません。

本編中で小学生の明里と貴樹は、踏切の両側に分かれ、明里がピンクの傘を開きクルッと回したところで「桜花抄」というタイトルが出て、シーンが切り替わります。


この画像は、特典ディスクに入っている
山崎まさよし「One more time, one more chance」PVの最後に出てくるシーンなんですね。

本編の第3話では、大人の貴樹と明里がそのまま別れてしまう訳ですが、このPVでは、大人の貴樹と子どもの貴樹がオーバーラップしながら、次第に子どもの2人のシーンに移行していきます。

そして、先のピンクの傘のシーン後に電車が通過し、踏切が上がり、2人が一緒に歩き出すという、もうどうしようもなく泣けてしまう演出となっているのです。


実際には、子どもの2人がすれ違う踏切と、大人の2人がすれ違う踏切は、違う踏切のようですね。
前者は、小田急参宮橋駅のすぐ西側の踏切(踏切Aとします。35.67769,139.692994)、
後者はさらにもう一つ西の踏切(踏切B。35.675306,139.691731)です。

で、上から見下ろしたこのカットは、踏切Bなんです。そして、ボクが撮った画像は踏切Aなのです。
少し混乱してしまいそうですが・・・。
あぁ、参宮橋駅から代々木八幡駅まで歩いて行ったので、もしかしたら踏切Bをわたっていたかもしれません。
夢見心地で散策していたので、記憶がない・・・。

でも、PVの場合は、大人の貴樹が昔の思い出を今の踏切の場所に重ね合わせているだけ・・・という見方もできますので、ここは思索をグリグリと追究するよりも、余韻を感じている方が良さそうですね。
スポンサーサイト

テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://finehebelhaus.blog100.fc2.com/tb.php/74-d8a517fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。