プロフィール

fumbart

Author:fumbart
作ってみました
real type Potato-Hallucigenia

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


筑波嶺夜想曲

心理兵器:秒速5センチメートル

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた
見た人は必ずうなってしまう、新海監督の、あの映像美。その軌跡を追ってみました!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩舟山と115系
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その66 岩舟山と115系
067iwahuneyamatodensya.jpg
緯度・経度 36.327499,139.666518 西向きに撮影。


明里への手紙を無くしてしまったことを、ボクは明里に言わなかった。
あのキスの前と後とでは、世界の、なにもかもが変わってしまったような気がしたからだ。

彼女を守れるだけの力が欲しいと、強く思った。
それだけを考えながら、ボクはいつまでも窓の外の景色を、見続けていた。



終局である(笑)

・・・貴樹の長いモノローグで、桜花抄は締めくくられます。
男性だったらこの気持ち、少年期から青年期に差しかかる頃にかならずくぐり抜けますよね。
ややずれるようにも思えますが、電車男を読んだ既婚男性が、若かりし頃を思い出すような感覚が、この節でもありました。

撮影に関しては、しまった、もっと距離を取らなければいけなかった!
せっかくの115系4両編成だったのに、撮ってみれば作品中よりも車両が長大に写っておりました。
さらに移動し、次の115系を待つ気力・体力が残っておりませんでしたので、残念ながらこれで良しとしました。


さて、淋しげに見える両毛線の115系ですが、現実には沿線にいくつかの高校を従えておりまして。
すなわち、登下校時の車内の様子はこんな感じでした。

067syanai.jpg

女子高校生だらけ。華やいだ空気感に満たされておりましたよ。
でも、内向的で思索の人である明里は、こういう雰囲気の高校生活を送れたのかな?などと思いを巡らさずにはいられませんでした。

さて、明日以降は残渣をいくつか。


スポンサーサイト

テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://finehebelhaus.blog100.fc2.com/tb.php/71-50c1faa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。