プロフィール

fumbart

Author:fumbart
作ってみました
real type Potato-Hallucigenia

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


筑波嶺夜想曲

心理兵器:秒速5センチメートル

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた
見た人は必ずうなってしまう、新海監督の、あの映像美。その軌跡を追ってみました!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第3章 秒速5センチメートル」の軌跡
「第3章 秒速5センチメートル」の軌跡 始まります。

度々記しております通り、昨年(2012年)5月下旬から今年の5月までの約1年間に、3回の関東遠征を行ってきました。

元来、仕事でもプライベートでも神戸大阪を離れることのない生活を送っていた私が、仕事のステージが上がるに連れ、東京での仕事が入るようになってきたタイミングでもあります。

秒速5センチメートルの聖地巡礼を紹介する各サイトを拝見し、私自身もその地の空気を吸い、光景を切り取り、初めてこの作品に触れた時に得た感傷をもう一度!という気持ちになりました。

そして、恐らくは普通の人よりも造詣の深いであろう撮影という行為によって、その記憶をここに留めておきたいと思ったのです。

しかし、本気の皆様にはかないません。
自力で各地を発掘したり、遠く種子島まで足を伸ばしたりという余力はないのです。

その意味で、やはり私はfollowerに過ぎないという意識があります。先達に敬礼っ!

彼らによると、私が1度目の上京で使ったホテル(都庁北のハイアットリージェンシー)周辺がまさに第3話のロケ地真っ直中にあったというのです。

偶然にも昨年と同時期に得た東京出張の機会は、会社に同じホテルを取ってもらって、仕事のあと、新宿駅周辺から都庁周辺までを歩き倒して撮影に励んだのでした。

tocho.jpg


さすがに第3話のシーンをコンプリートするには遠く及びませんが、空気感は十二分に得られたと思い、それなりの達成感に満たされました。

では、来週から十数枚(十数週)にわたり「秒速5センチメートルの軌跡」をお送り致します。
当座、これで持ちネタが尽きることとなります。
今のところ4度目の紀行を行う予定はございませんが、度々のように妄想するのは、現在小5の娘にピンクの傘とカーディガン、それに赤いランドセルを着けて踏切の撮影に行きたいなぁということ。娘は90%の呆れ顔と10%の上京ワクワクの様子です。
しかし、歳も歳だけに、いつ拒絶120%となるやもしれません。また、そもそも明里とは違い、極めて活発な性格で、女子と遊ぶよりも男子とドッジボールをする方が好きな様子。・・・などなど、状況的に割と諦観しております。

その節は、第2弾として幼稚園児の娘が待機しております。撮影適齢期まではもう数年掛かることとなりますが、うまく育て上げたいと邪念を抱いているところでございます。

ということで、来週からも今しばらくお付き合いのほど、どうぞよろしく!


P.S. fumbart こと、私のイメージをアップしておきました。120×120px の画像に何を使おうかと思いましたが、しんみりとした印象の画像よりもポテトハルキゲニアあたりが良かろうと思い、リサイズしました。どうぞよしなに。

スポンサーサイト

テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
追伸に食いついてしまいますが
 またもやこんばんは。
 
 ポテトハルキゲニアのイメージ、私のブログのブロとも一覧にも反映されていますよ。これまでは「No Image」だったのですが、やはり画像がある方がいいですね。

 明里ちゃん出現写真には期待しています。貴樹はなくとも明里がいればなべて世はこともなし、です(笑)。
 
[2013/09/20 23:54] URL | ユースフ #- [ 編集 ]

Re: ユースフ様
いつもありがとうございます。

それにしても、はかない期待にこうも応えていただけるなんて!と、小太りしたい・・・いや、既に小太りです・・・小躍りしたい気持ちです。見逃さずにレスをいただける嬉しさよ。コブ取り爺さんのコブが取れた気分です。いやいや、小太りなボクの脂肪が落ちる方が嬉しいな。

自分のイメージを何にするかなんて、勘違い野郎(おぉ中二病!)を三十過ぎまで続けてきた私には最高難度なのでございます。
この10年ほどでようやく、プレーンか自嘲気味な程度が良いということに落ち着いてきたところです。

本日、ウチの長女と電車に乗って関西の女子校では最高学府と言われる学校の文化祭に参りました。初めて侵入(ウフフ。男子校出身者なので)しましたが、ミッション系の学校の厳かな品位を感じさせる建物など、どう考えてもウチの娘とはマッチしませんでした。といいつつ、中3に私の同級生のお嬢さんがいらっしゃるのですが、彼女は小学6年の頃、「はなくそ~!」と路上で大声を張り上げるような子だったのが、今は美少年(おっと!)として学校にfitしている気も致しました。今日も格好いい衣装を着て、校内を闊歩されていました。
ま、学力こそが最大の問題ですので、学校に合う合わぬなどを考える以前の、ということであります。

つきましては、明里ちゃんクルリ画像は数年後に、となりましょう。あ、近場の踏切で仮撮影してみようかな?
[2013/09/21 19:55] URL | fumbart #- [ 編集 ]

期待しています。
「度々のように妄想するのは、現在小5の娘にピンクの傘とカーディガン、それに赤いランドセルを着けて踏切の撮影に行きたいなぁということ。」そして、ここのコメントに「近場の踏切で仮撮影」などと書かれてはもうワクワク・ドキドキ。ほんといつも楽しませて頂きありがとうございます。
[2013/10/05 21:22] URL | Mozuku #- [ 編集 ]

Re: Mozuku
Mozukuさま、こんにちは。コメントありがとうございます。

撮影、したいですねぇ、間違いなく。あのオープニングの雰囲気を、自らの手で作り出してみたい。

と、妄想は膨らむばかりなのですが、欲望の具現化を追求した結果がどのような状況をもたらすかについて、人はあまりに軽はずみなことをしがちです。
パンドラの箱は気軽に開けるべきではありません。核ミサイルの発射ボタンは押されないがために設えられたものであることを、人類は頭では理解しております。

・・・が。

その後の世界がどれほどガッカリにつながるのか、実は、人は既に理解しているはずなのです。もちろん、私自身も含まれます。

それでも、人生にはノリも重要です。

実際、私としてもあれこれ考えているんですよー。ノリでやっちゃいましょう!と思ってもみたのです。
ノリの盛り上がりには、非日常などがまとう興奮状況が必須です。

既に父親と距離を取り始める年齢に達した長女がこの撮影に同意するには、気持ちを高揚させしめるエサが必要です。でないと「無理」のひと言で打ちひしがれる結末に。

では、非日常とは何ぞや? やはり、行くぜ東京!などというあたりでしょうか。トーキョーに連れてってやるから、1時間だけ撮影に付き合え、てなところでしょうか。これなら多分、離れはじめた小5も一時的に後に着いてくるはずです。

これがしかし、週休1日で働く私としては、なかなか厳しいところなのでありました・・・。

無粋をお許し下さいね。妄想を夢として抱え続ける幸せを噛みしめたいところです。

でも、諦めたわけではありませんから。いつの日にか(下の娘で)!
[2013/10/07 16:19] URL | fumbart #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://finehebelhaus.blog100.fc2.com/tb.php/119-74222abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。