プロフィール

fumbart

Author:fumbart
作ってみました
real type Potato-Hallucigenia

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


筑波嶺夜想曲

心理兵器:秒速5センチメートル

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた
見た人は必ずうなってしまう、新海監督の、あの映像美。その軌跡を追ってみました!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3度目の聖地巡礼へ-前編-
このブログを立ち上げた時には、「聖地巡礼」なんてことば、こっはずかしくて使えなかったのに、自分にとって、今や自然体になってきました。
そういやどっかのニュースで「映画やアニメ作品の聖地巡礼ニーズを取り込むために、地方が自治体を挙げてどうのこうの・・・」などとありました。なるほど、社会的にも市民権を得るに至ったことばなのかも知れないですね。

************************

思えば昨年の5月末、仕事にかこつけて思い立って桜花抄の軌跡を巡ってみた訳ですが、ボクにとっては本当に刺激的な旅となりました。

「秒速5センチメートル」との出会いは、2009年3月9日(月)に、今は亡き(笑)NHKのBS2で「アニメ映画劇場」で放送されたものをなんとなく録画していたことに始まります。

「変なタイトルだな。とりあえず、まー録画しとくか」

という温度だったので、実際に視聴したのはそれから1ヶ月ほど後だったかも知れません。

同じFC2ブログを展開されているブロとも、ユースフさんが仰るところの「秒速病」に罹患するのに文字通り秒速。いやいや、スピード感の程度を表すには、本来の主旨とは真逆ですな。

ともあれ、DVDを買い(ブルーレイレコーダー持ってなかった)、小説買い、マンガ買い、another side 買い、おまけにカポーティまで買い込む入れ込みよう。カポーティ、草の竪琴ですね。女子高生の明里が岩舟駅で手にしていた文庫本です。これですね。

127capo.jpg
128cap.jpg

うひゃぁ、やられたっ!



さて、そのうち、web上には強者がいるもんだなぁ・・・と感服することに。そう、「聖地巡礼」という楽しみ方があることを知ったのです。

ええ歳こいて、アニメは割とチェックする方です。近年の放送永久保存殿堂入り作品は「悪の華」「ヨルムンガンド」「放浪息子」「ブラック★ロックシューター」「ジパング」「銀河英雄伝説」などなどです。え、片寄ってる?

で聖地巡礼ですが、自分としては特にそういうことをしてみたいとは、そもそも思わない方じゃないかな。あえてアニメのロケ地を巡るなんて、それはちょっと・・・。と自覚しています。

だけど、秒速5センチメートルは、作品そのものが旅情を内包していますよね。生粋の関西人なので「へぇこの電車、小田急っていうんだ」「新宿駅なんて歩いたことない」「小山?こやまじゃなかったの?」「岩舟ってどこよ?」「バーガーキング食べてぇ(関係ないか。神戸にやっとできました)」などという興味を刺激されます。

そして、大変に失礼な言いようになることをご容赦頂きたいのですが・・・。先に謝っとこう。ごめんなさい。
すなわち、web上で散見される聖地巡礼の記録画像を見るにつけ、映画作品とほとんど同様のアングルで撮影がなされている例が希少であることに気付くのです。
カメラ好きなボクなら、もうちっとは作品に似せて撮影できそうだという意を強くしたわけです。

と、2012年5月30日(水)からの2日間、勢い込んで初回の旅に出たのでありました。が、思いのほか打率が低かったのでした・・・。

かつてあれほどまでに真剣だった撮影への思いが、綺麗に失われていることに僕は気付き、おもむろにホコリをかぶったカメラを取り出して見たところ、もう十何年も前からフィルムが入りっぱなしになっているF-801Sのシャッターが切れなくなっていることに気付き、泣きそうになった。

・・・いやいや、もとい。十年以上振りに、撮影自体を力強い目的とした旅行に出立した割には、大した結果を残せなかった。いざ抜かん!とした時に錆び付いていた伝家の宝刀など、悲しいだけじゃないですか。

ということで、2回目の探訪は、2012年11月26日(月)大宮~野木~小山~岩舟の再訪となりました。
2度目ということもあり、要領を得た旅足となりましたが、しかし、たった半年にも関わらず、時間の不可逆性を痛感した訳であります。野木駅の駅名標が撤去され、小山駅のコーヒーショップはなくなり、両毛線への通路が移設され、岩舟駅前の建物が更地になり・・・。

逆に言うと、よくもまあ半年前の5月、各地がまだその姿を留めているギリギリのリミットに1度目の旅に出られたものだという感慨もありますね。


さて、3回目の旅。 ・・・長くなったから、明日書こうか。
スポンサーサイト

テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

コメント

 fumbartさんこんばんは。

 「秒速病」にも色々程度がありますが、「秒速5センチメートル」オンリーでブログを作ってらっしゃるfumbartさんの症状は非常に重症と言わざるをえませんね(笑)。
 
 なんだかんだいって私の「秒速」関連記事は、今日現在全記事中のせいぜい8%程度です。もう「にわか患者」とか「なんちゃって患者」と罵られても仕方ないですね。「草の竪琴」もまだ未読ですし。

 少し布教活動して判ったことは、「秒速5センチメートル」はリア充や若い人には今ひとつピンとこない作品だということで、ある程度年齢を重ねて心に傷を抱えた人ほど胸を打たれる傾向があるみたいです。要するにおっさん向け作品ということなのでしょう。ある程度人生経験を積んだお嬢様達のご意見も聞きたいところなのですが、数少ない感想も「良かった」「面白かった」程度のコメントしかいただけず、本当に感動したのかちょっと疑問を持ったりしてます。

 東京編もとても楽しにしています。チョビとミミもいたらいいですね。
[2013/07/26 23:06] URL | ユースフ #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
>  「秒速病」にも色々程度がありますが、「秒速5センチメートル」オンリーでブログを作ってらっしゃるfumbartさんの症状は非常に重症と言わざるをえませんね(笑)。

非常に光栄でございます(苦笑)
私のような者が「重症」などと言って頂いてよいのでしょうか?といった気分です。記事を毎日のようにアップできる甲斐性も、ネタの幅も、数も、考察の深さも持ち合わせておりませんので、必然的にこうなっているだけのことでございます。

私がブログを書く driving force はなにか。写真はツールだとして、それを通して秒速5センチメートルとつながっていたいという気持ちなのだろうと思います。
初めて当作品と出会った時の各種衝動は、やはり時と共に薄れていきます。2度3度と鑑賞しても、初めての感動は得られません。それは追憶となります。致し方ないです。
せめて、その記憶を出来るだけ新鮮な形で残しておきたい。初恋などいつまでも引きずるべきものではないのですが、その情緒は麻薬と似て忘れがたい。麻薬など使ったことはありませんが。

あ、使ったことあった。尿管結石の激痛に対して、医師が合成麻薬系の鎮痛剤を注射してくれました。


とまれ。全くもって仰る通りだと思いました。

>  少し布教活動して判ったことは、「秒速5センチメートル」はリア充や若い人には今ひとつピンとこない作品だということで、ある程度年齢を重ねて心に傷を抱えた人ほど胸を打たれる傾向があるみたいです。要するにおっさん向け作品ということなのでしょう。ある程度人生経験を積んだお嬢様達のご意見も聞きたいところなのですが、数少ない感想も「良かった」「面白かった」程度のコメントしかいただけず、本当に感動したのかちょっと疑問を持ったりしてます。

そういうことなんだと思います。
諸般の事情により、結果、自己評価が低い自分でございます。うえーん。心に傷を負いまくりです。もちろん、今では余裕で克服しておりますが。

深夜アニメの主題を見ていて、こういうたくましさを持てない男子/女子の心情にあまりに寄り添った作品が多すぎることに、世の心配をしてしまうことも度々です。大丈夫か日本。いや、日本全体というより、弱いままの人間を励ます方向のパワーがないものか、と。といいつつ、私自身も心地よいのですが。軽く浸かっている程度なので。

逆に、こういうアニメにどっぷり浸かりすぎてしまう若い人が多いのだろう・・・と思いを巡らすと、なんともいえない悲しさが込み上げてくるのです。


>  東京編もとても楽しにしています。チョビとミミもいたらいいですね。

ありがとうございます。チョビとかミミは、参宮橋には居なかったのです。代々木八幡には、ネコさん、たくさんおはしましたが。

散漫な書きようで失礼致します。

[2013/07/27 22:43] URL | fumbart #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://finehebelhaus.blog100.fc2.com/tb.php/105-f0c7ccda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。