プロフィール

fumbart

Author:fumbart
作ってみました
real type Potato-Hallucigenia

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


筑波嶺夜想曲

心理兵器:秒速5センチメートル

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた
見た人は必ずうなってしまう、新海監督の、あの映像美。その軌跡を追ってみました!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

散策15 ~ ガード下を望む
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その127 散策15 ~ ガード下を望む

zzz006.jpg

先回ご紹介した公衆電話は3の位置。裏路地を通って5に向かいます。
そう、4の小田急ガード下には、あまり意識が向いていなかったのです。
「先回、かなり完成度の高い撮影ができたからなぁ」
なんて思いながら裏路地を歩きつつ、ふと見上げると、ドコモタワーが。

sansakudenwakaraguard01.jpg

このビルになじみのない関西人のボクにとっては、どうやってみても「秒速~」を強く意識させられるアイコンなのでありました。この街のどこにいても、見えるんだなぁ。


そうしてピンクの経路で「┠」型になっている交差点に立った時、ふと右を見ると。
sansakudenwakaraguard02.jpg

なんですと?小田急ガード下? もしかして、やはり、あれか?

sansakudenwakaraguard03.jpg

むむ。ズームイン!

sansakudenwakaraguard04.jpg

うん、遠くに見えるは、やはり、あの「朝もやのガード下」に間違いない。

強烈な吸引力に軽くめまいを覚えつつも、先回撮影時の満足感とまだ見ぬ行く先⑤への気持ちに引きずられ、先に向かうことにしたのでした。

そう、その先とは!
次回、散策ファイナルです。




・・・ガード下の画像、おいておきましょうか。

132guardsita.jpg


スポンサーサイト

テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

散策14 ~ 参宮橋公園の裏を抜けて・・・
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その126 散策14 ~ 参宮橋公園の裏を抜けて・・・

できるだけ金曜日中の更新を心がけておりましたが、遅くなってしまいました。
また来週に、とも思いましたが、気合い一発、頑張ってアップします。

さて。

zzz006.jpg
参宮橋公園の下の三叉路は、マップの2に当たりますが、ここから裏路地を抜けて歩いていくことにしました。
太い道を歩くよりも、裏路地の方が風情があるじゃないですか。そして、小学生は路地裏が好きじゃないですか。明里や貴樹も、きっと。

公園の北辺縁をぐるっと迂回するように歩くと、レンガ調タイルがびっしりと壁面にあしらってある建物があります。
sansakukoenkaradenwa01.jpg

その脇を歩いていくと、向こう側に首都高の巨大な橋脚が見えてきました。
sansakukoenkaradenwa02.jpg

ここで立ち止まり、
sansakukoenkaradenwa03.jpg

右を向くと、お、見かけたことのある光景だ。
sansakukoenkaradenwa04.jpg

そう、この部分ですよ。首都高の左カーブ部分。またもやにわかにテンションが上がります。

ということは、そうです。その場所で、こんどは左を向いてみると・・・
sansakukoenkaradenwa05.jpg

そうそう、あれだ!
sansakukoenkaradenwa06.jpg

心躍らせつつ、巨大な橋脚をやり過ごして見ると・・・
sansakukoenkaradenwa07.jpg

ZOOM-ZOOM!
sansakukoenkaradenwa08.jpg

明里が心細い気持ちで貴樹に電話をかけてきた電話ボックス!
sansakukoenkaradenwa09.jpg

ここに立つのは3回目ですね。2回目の撮影時に完成度を突き詰められましたので、今回は精密な撮影はパスしましたが、やはりシビレます。


さあ、先を急ぎましょう。


テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

散策13 ~ 桜花抄 オープニング、再訪
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その125 散策13 ~ 桜花抄 オープニング、再訪


代々木八幡の石畳で一通り終わった散策は、2014年5月のこと。
その時の、当作品のシンボルたる代々木公園の桜の撮影に不満が大きかったので、いつかまたリベンジを!と思っていたのでした。

そしてその機会は案外と早く訪れることに。8月の4日です。(思えばデング熱騒動の震源地たる8月の代々木公園に足を踏み入れていたわけですなぁ)
「桜の木」だけでなく「振り返る貴樹、明里」も完成度を上げ、さあホテルに帰ろう、と。

今までなら小田急に乗って新宿まで帰っていたのですが、この日は時間的に余裕がある。都庁北のハイアットリージェンシーまで歩いて帰ろうかと思い立ったのでした。

zzz005.jpg

iPhoneのマップを見ながら、散策経路のプランをざっと立ててみます。
せっかくだから、参宮橋公園の前を歩いていこう。あの電話ボックスも近いな。ガード下も・・・などと考えると、脚も軽くなります。
以下の経路で行くことに決めました。

zzz006.jpg

スタート地点を、1としましょう。「もう一つの踏切」「振り返る貴樹、明里」の場所。

ではまず、2の地点、桜花抄のオープニングシーン、参宮橋公園下の三叉路に向かって、さあ、歩くぞ!

思いのほか、アップダウンがある土地ですね。今から向かう参宮橋公園は、丘の上といえる場所。
気になったのが、電柱にある「春の小川」という看板。なんだそれ。そういう名前の店があるのか?

今、調べてみましたところ、あの唱歌でさらさらいくよと唄われているのが、この参宮橋界隈だということ

といっても、今やそんな小川は地下にもぐってしまっているようですが。

道幅も狭くなり、路面のアスファルトがドーナツ型を付けたコンクリに変わり、斜度が上がってきました。いよいよ裏路地といった風情になってきました。

doghnuts01.jpg

レンガでアーチをあしらった豪邸をかすめ、夏の日を浴びてひときわ白く輝く路面を曲がった瞬間、目に飛び込んだものは。

doghnuts02.jpg

おぉ、もしかしてこれは!この黄色い鉄柵は!

doghnuts03.jpg

オープニングの三叉路にほかなりませんでした!曲がってすぐ目の前。心の準備ができていない。心拍数急上昇。
しばし、感傷に浸ります。2年前、初めて来たときの思いを反芻する。

しばらく呆然と立ち尽くしていたのですが、思い出してきました。なにしろ初めての撮影。完成度を上げるコツなどまるでなかったし、そもそも舞い上がっていた私でしたので、それなりの撮影しかできていませんでした。

よし、撮ってみよう。

sangubasihkouuuen.jpg

なかなか難しいですね。レンズの焦点距離と、立ち位置と、地上高さ、それぞれが決まらない。もちろん初めての時よりはマシですが。


この坂を少しのぼり、参宮橋公園の中をのぞいてみましょう。

doghnuts04.jpg

doghnuts05.jpg

なるほど、公園だ(笑)。
明里や貴樹も、ここで遊んだかな?野外で活発に遊ぶ子ではなかったでしょうが、ベンチやブランコに腰かけて、あれこれと話し合ったに違いありませんね。



テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

散策12 ~ 参道の石畳、再訪
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その124 散策12 ~ 参道の石畳、再訪

isidatamiLow.jpg

そもそもこんななんでもない光景を、超望遠とか超広角レンズを使用してありえないアングルから切り取ると、こうも印象的な画がでてくるのか・・・。

センスのある人の撮影というのは、あたかもコロンブスの卵。
その画を見た後に追従することなど、本当のところ、恥ずかしくてどうしようもない気持ちになるのですが・・・。

・・・このシーンの撮影をしていると、そんなことを強く思わされてしまいました。

だって、単なる石ですよ。それを超ローアングルから広角レンズで上端が地表スレスレを写し出すように撮影することで、こんな画に。



先回の訪問時は、このアングルを撮る気がなかったところ、一応記録しておくかくらいの気楽さで撮影したので、再現性などはかなり低かったですね。とりあえず、ここね、という感じ。

今回は、気合入れて撮りましたよ。でも、この程度でした。
ローアングルが難易度の元。
腹這いになってモニターを確認しつつ撮影するくらいのことをやらねば、完ぺきな再現性は無理だということでしょう。


さて、しばらく続いた散策は、一旦こちら⑧で終了。
zzz002.jpg

次回、少し別のところから少しだけ散策を続けますね。⑥から北上するルートを取ります。

残った画像を少しだけ置いておきましょう。

isidatami.jpg
境内にはネコがたくさんいました。
そして、この日は餌付けしているおばさんが。
なるほど。猫天国だな。

ちょっとアングルを変えて撮影してみましょう。

isidatamimi.jpg

うん。少しいい雰囲気で撮れました。

・・・ん?向こうに見えるステンレス製の手すり、見覚えがあるような・・・。

こういうロケーションです。
isidatamimimi.jpg


・・・みなさん、覚えていらっしゃいますか?

明里と貴樹がチョビをさわっていた所ですよ、ほら!

014tyobiisidan.jpg
懐かしいなぁ!




テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。