プロフィール

fumbart

Author:fumbart
作ってみました
real type Potato-Hallucigenia

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


筑波嶺夜想曲

心理兵器:秒速5センチメートル

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた
見た人は必ずうなってしまう、新海監督の、あの映像美。その軌跡を追ってみました!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3度目の聖地巡礼へ-後編-
こんな記事に前編も後編もあらへんがな。


単にダラダラと書いています。冗長エラーによる後編です。3度目の聖地巡礼へ -後編- 。

2012年5月30日、11月26日に次いで、2013年5月15日の水曜日、撮影に廻りました。
昨年とは違い、仕事の日程が1日短かったので、仕事が終わった夕刻から深夜12時まで新宿界隈から参宮寺界隈を歩きまくりました。

で、思い出します。なにを?

昨年はメッシュ地インソールの革靴で歩き回ったせいで、足の裏に刺激が強く、足の裏の皮が水ぶくれでめくれ上がり、半泣きになりながら岩舟駅前を歩きまくり、新幹線で帰ったことを・・・。


どうでもいいですね、オッサンの足の裏事情など。


昨年泊まったホテルが、都庁北のハイアットリージェンシーだったのですが、実はその目の前にそびえる変形6角柱なビル、新宿住友ビルなんて、大人貴樹が水野さんからの電話に出る気になれず、失意と孤独を噛みしめて雪の空を見上げていたまさにそこ!

125build.jpg
126build.jpg


なるほど、この周辺はまさにロケ地の宝庫だったんですね。

ということで「桜花抄の軌跡」というタイトルから、「第3話 秒速5センチメートルの軌跡」へと逸脱していくことになります。

と言いつつ、しばらくは、参宮寺駅周辺の補完、再訪が続きます。では、お楽しみに!


スポンサーサイト

テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

3度目の聖地巡礼へ-前編-
このブログを立ち上げた時には、「聖地巡礼」なんてことば、こっはずかしくて使えなかったのに、自分にとって、今や自然体になってきました。
そういやどっかのニュースで「映画やアニメ作品の聖地巡礼ニーズを取り込むために、地方が自治体を挙げてどうのこうの・・・」などとありました。なるほど、社会的にも市民権を得るに至ったことばなのかも知れないですね。

************************

思えば昨年の5月末、仕事にかこつけて思い立って桜花抄の軌跡を巡ってみた訳ですが、ボクにとっては本当に刺激的な旅となりました。

「秒速5センチメートル」との出会いは、2009年3月9日(月)に、今は亡き(笑)NHKのBS2で「アニメ映画劇場」で放送されたものをなんとなく録画していたことに始まります。

「変なタイトルだな。とりあえず、まー録画しとくか」

という温度だったので、実際に視聴したのはそれから1ヶ月ほど後だったかも知れません。

同じFC2ブログを展開されているブロとも、ユースフさんが仰るところの「秒速病」に罹患するのに文字通り秒速。いやいや、スピード感の程度を表すには、本来の主旨とは真逆ですな。

ともあれ、DVDを買い(ブルーレイレコーダー持ってなかった)、小説買い、マンガ買い、another side 買い、おまけにカポーティまで買い込む入れ込みよう。カポーティ、草の竪琴ですね。女子高生の明里が岩舟駅で手にしていた文庫本です。これですね。

127capo.jpg
128cap.jpg

うひゃぁ、やられたっ!



さて、そのうち、web上には強者がいるもんだなぁ・・・と感服することに。そう、「聖地巡礼」という楽しみ方があることを知ったのです。

ええ歳こいて、アニメは割とチェックする方です。近年の放送永久保存殿堂入り作品は「悪の華」「ヨルムンガンド」「放浪息子」「ブラック★ロックシューター」「ジパング」「銀河英雄伝説」などなどです。え、片寄ってる?

で聖地巡礼ですが、自分としては特にそういうことをしてみたいとは、そもそも思わない方じゃないかな。あえてアニメのロケ地を巡るなんて、それはちょっと・・・。と自覚しています。

だけど、秒速5センチメートルは、作品そのものが旅情を内包していますよね。生粋の関西人なので「へぇこの電車、小田急っていうんだ」「新宿駅なんて歩いたことない」「小山?こやまじゃなかったの?」「岩舟ってどこよ?」「バーガーキング食べてぇ(関係ないか。神戸にやっとできました)」などという興味を刺激されます。

そして、大変に失礼な言いようになることをご容赦頂きたいのですが・・・。先に謝っとこう。ごめんなさい。
すなわち、web上で散見される聖地巡礼の記録画像を見るにつけ、映画作品とほとんど同様のアングルで撮影がなされている例が希少であることに気付くのです。
カメラ好きなボクなら、もうちっとは作品に似せて撮影できそうだという意を強くしたわけです。

と、2012年5月30日(水)からの2日間、勢い込んで初回の旅に出たのでありました。が、思いのほか打率が低かったのでした・・・。

かつてあれほどまでに真剣だった撮影への思いが、綺麗に失われていることに僕は気付き、おもむろにホコリをかぶったカメラを取り出して見たところ、もう十何年も前からフィルムが入りっぱなしになっているF-801Sのシャッターが切れなくなっていることに気付き、泣きそうになった。

・・・いやいや、もとい。十年以上振りに、撮影自体を力強い目的とした旅行に出立した割には、大した結果を残せなかった。いざ抜かん!とした時に錆び付いていた伝家の宝刀など、悲しいだけじゃないですか。

ということで、2回目の探訪は、2012年11月26日(月)大宮~野木~小山~岩舟の再訪となりました。
2度目ということもあり、要領を得た旅足となりましたが、しかし、たった半年にも関わらず、時間の不可逆性を痛感した訳であります。野木駅の駅名標が撤去され、小山駅のコーヒーショップはなくなり、両毛線への通路が移設され、岩舟駅前の建物が更地になり・・・。

逆に言うと、よくもまあ半年前の5月、各地がまだその姿を留めているギリギリのリミットに1度目の旅に出られたものだという感慨もありますね。


さて、3回目の旅。 ・・・長くなったから、明日書こうか。

テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

「岩舟駅前」再訪
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その94 「岩舟駅前」再訪
123iwahuneekimae.jpg
緯度・経度 36.326843,139.657718 北向きに撮影。

この日もやはり、駅の待合にはやんちゃっぽい男子高校生2名と女子高校生1名が。

彼らの目前で我々オッサン2人があ~だこ~だ言いながら撮影をしていると、
彼らは天真爛漫なので我々に声を掛けてきました。

「なに撮ってんの?」

「この場所が映画のロケで使われてたんで、その通りの写真を撮ってるねん」

「え、岩舟が?」

「そうやで。これ見てみ!」と、iPhoneの画面を見せる。

「うわぁ、ホンマや!」

と、見た目は襟足長く、茶髪、眉毛も剃り剃りな彼らではありましたが、自らの地元が映画作品に出ている感情をストレートに表現します。かわいいやっちゃ。・・・もちろん当然、彼らは関西弁ではありません。

ともかく、彼らは秒速5センチメートルのことを知らなかったのです。ここに住みながら、もったいない。
ボクならまだ撮影し足りないくらいなのに。


で。思いついてしまいました。

「ちょっとさ、モデルになってくれへん?ほら、この画面の男の子と女の子のように」

「えーむり、だめだめ。」

元気そうな見た目の女の子ではありますが、さすがにあとずさり。

「ほら、後ろ向きでいいから。顔は絶対に向けなくていいから」

画面をのぞき込む彼女は、しばらくして納得してくれました。いいぞ、貴樹と明里だ。いや、人となりは全く異なりますが。ま、この際、雰囲気だけでいい。

男の子1人、女の子1人をそれぞれ立たせます。

「うーん、もう少し右。あ、行き過ぎ。もうちょっと前かな」

そんなこんなで時間が過ぎる間に、駅前に人待ちのクルマがやって来て、あぁ無念のリタイヤとなりました。
女の子がもう少し早めに同意をしてくれたなら・・・。
思いつきのオプションが消滅。残念。

まーいちおう記念撮影だけはしておきました。繰り返しですが、やんちゃだけど素直な男の子でしたよ。

124yaneek.jpg




さて実は、先回の訪問時は、うっかりミスな撮影となっていました。
iPhoneで映画画像をモニタリングしながら撮影をしていたのですが、iPhoneで動画の画面を拡大したまま撮影したのです。
結果、左右が不足した撮影となりました。

先回の訪問は、コチラ。
063iwahuneekimaetoori.jpg


今回と前回とで、間違い探しをしてみましょう。さて、なにが違っているか。
・・・そう、道路右側の直方体の建物がなくなっているのです。あぁ、ここもまた・・・。寂しくなりますね。

************************

ということで、この度の撮影小旅行(平成12年11月)は、今回にて満願成就となりました。
半年に2回も岩舟詣で。東京さえ何年かに1回しか行かないボクだったのに。


ところが、実はこの後、さらなる東京に出張が入りました。2013年の5月中旬です。おぉ、初岩舟からちょうど1周年記念。

この時は、さすがに岩舟までは足を伸ばせなかったのですが、昨年泊まったホテル(都庁北のハイアット)真正面あたりは、モロに秒速5センチメートルのロケ地そのまんまだったようです。

つきましては、さらに更新は続いて参ります。と言うわけで、ご期待下さいね~!
(どれだけの方がご覧になって下さっているか分かりませんが・・・)

コメント下さいましたら張り合いになります。よろしくね!


テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

岩舟駅前 街灯
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その93 岩舟駅前 街灯
122gaitou.jpg
緯度・経度 36.327398,139.656953 北向きに撮影。

先回の訪問時には、撮影していなかったシーン。
岩舟駅前からもう一本北側を東西に走る道沿いに、この手の昭和が薫る街灯がいくつか並んでいた。

薄い雨雲から霧雨が降る中での1枚。
この霧雨を、まるで雪が降っているかのように感じながら・・・。

な~んて妄想してしまいました。




テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

岩舟駅 自転車置き場 再訪
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その92 岩舟駅 自転車置き場 再訪
121jitensya.jpg
緯度・経度 36.326743,139.657559 西向きに撮影。


以前、あまりにやる気のない撮影となり、家に帰ってから猛烈に残念になったこのアングルは、
地味な絵柄ながら、今回、岩舟駅まで足を運ぶ強い動機となっていたのです。

それだけに、なかなかの再現性です。本当なら自転車をカメラ直前に移動させるなどして、より一層雰囲気を出したかったところですが、この日は本当に自転車が少なかった・・・。


先回の記事は、コチラ。
061iwahunejitensya.jpg

先回もやはり、自転車は少なかったようですね。





テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。