プロフィール

fumbart

Author:fumbart
作ってみました
real type Potato-Hallucigenia

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


筑波嶺夜想曲

心理兵器:秒速5センチメートル

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた
見た人は必ずうなってしまう、新海監督の、あの映像美。その軌跡を追ってみました!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柱にもたれる貴樹 再訪
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その83 両毛線の列車接近表示器
112oyamaryoumou.jpg
緯度・経度 36.313988,139.806653 北東向きに撮影。

このアングルは、先回の撮影時に悔いが残ってしまったので、今回はぜひとも撮りたいと思っていたシーンです。

先回の記事は、こちら。
043oyamaryomosenhome1.jpg

先回は、工事中だったためにこの撮影位置よりも後に下がれなかったことが大きな敗因です。

「実際には作品とはずいぶんと異なった撮影を強いられました。
 本来ならもっと後・右に立って、中望遠程度で撮影したかったですね」

と書いてありました。

今回はというと、撮影位置は後に下がれたものの、そこは階段。
ということで、もう少し下がろうと思うと、こんどは階段を上ってしまうことになり、撮影位置が高くなりすぎてしまいます。

ということで、やはり今回も、適正な焦点距離よりは広角側で撮影せざるを得ませんでした。
でも、デキとしてはまずまず納得ですね。

撮影時の焦点距離を書いておきます。今回は約65mm程度のやや望遠気味での撮影、前回は広角いっぱいの24mmでした。もちろんどちらも35mm換算です。



スポンサーサイト

テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

両毛線の列車接近表示器
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その82 両毛線の列車接近表示器
111hyoujitou.jpg
表示器の位置 36.313552,139.806545

この1カットも、本編のストーリーには無関係ながら、昭和中期を感じさせる器機デザインから哀愁を感じさせますね。
正式名称は「列車接近表示器」というそうで、水戸線・東北本線の上り線・下り線・両毛線を表しています。

残念ながら「両」の字が点灯した状態では撮影できませんでした・・・。


作品中ではコンクリ打ちっ放しだった柱が、その後に耐震補強を受けたために見た目と太さが変わってしまってます。
そのついでに、スピーカーも移設されています。ちなみにこのスピーカー、作画をよく確認すると、ボーズの屋外用モデルなんですね。



そして、列車接近表示器の上方を見上げると、このスピーカーを見つけることができます。


111bose.jpg

おぉ、おまえは生き残っていたか、よかったよかった・・・そんな気分です。




テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

小山駅 照明塔
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その81 小山駅 照明塔
110tower.jpg
照明塔の位置 36.314689,139.807784

吹雪の中にそびえ立つ鉄塔は、まさに貴樹の行く手をさえぎる大きな存在をイメージさせますね。
単なる1カットでしかないこのシーンは、しかしボクの脳裏に強く焼き付いてしまいました。

半年前には撮影がかなわなかったこの鉄塔ですが、東北新幹線のホームからは真横に見えましたし、
両毛線ホームに向かう延長されたコンコースからもよく見えました。

ちなみに Google map の航空写真モードでは、この鉄塔およびその影がはっきりと写っていますよ。



テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

小山駅 両毛線の階段
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その80 小山駅 両毛線の階段
109oyamaryoumousen.jpg
緯度・経度 36.313362,139.806464 南西向きにに撮影。

小山駅で両毛線に乗り換えるために貴樹が走って下りたあの薄暗い階段は、もう、ない。

半年前(2012.5.31)に小山駅に降り立った時には、既にこういったパネルが設置されていた。
043koujityu.jpg

なるほど。このパネルで仕切られた内側で、我々の夢は打ち砕かれていたのか・・・。
もとい。新しい階段が造られていたのか・・・。

女子高生たちが歩いている画像をご覧いただいても分かる通り、両毛線乗り場は小山駅のコンコースから遠いのでした。
階段が両毛線ホームの電車停車位置に近いところに設置された分、両毛線ホームを歩く距離は減りましたが、代わりにコンコース側の通路(新幹線改札の脇をかすめる)が延長されただけのことです。

この延長された通路から間近にみえたものがありました!・・・そう、アレです。




テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。