プロフィール

fumbart

Author:fumbart
作ってみました
real type Potato-Hallucigenia

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

ブロとも一覧


筑波嶺夜想曲

心理兵器:秒速5センチメートル

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

秒速5センチメートル・・・桜花抄の軌跡を追ってみた
見た人は必ずうなってしまう、新海監督の、あの映像美。その軌跡を追ってみました!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「新海誠展」、そして。

私が当ブログを放置して、かれこれ2年半にもなりますか。

忙しくなったこの2年の間、時おりこのブログを思い出すのですが、どうも手が出ない。ブログ疲れというよりも、ネタがなさすぎるのかもしれません。

その間に、新海誠監督は「君の名は。」のスマッシュヒットによって、日本を代表するアニメ監督の名声を得られて、それは嬉しくも切ないことでありました。僕の、僕らの新海さんから、世界の新海監督になってしまった。これもある種の喪失感ではあるでしょう。
映画館を埋め尽くす数百もの観客の中にあって、そんな切なさを一人感じていることは、もしかしたら新宿の真中にて誰ともつながることのないタカキと同じ要素だったのかもしれない・・・なーんて傷をわざわざ広げて舐めるのは、秒速秒が癒えていない証左でありましょう。


さて、新海誠展。
shinkaimakototen001.jpg

神戸の私ですから、そのうち新海誠展が関西にやってくることを待つつもりでいました。
ところが、先日の11/19-20に東京で仕事が入り、うまい具合に昼間に時間が取れた。

行くか行くまいか迷っていたのだけれど、地下鉄の道中にて、背中を押された気持ちにもなったので、せっかくだから行ってみようか、となりました。

広大な国立新美術館、その2階にある企画展示室 2E区画さえも、かなり広かった。

ちょうど中ほどに、トイレや休憩室が配置されていたのだけれど、その休憩室の壁一面に、リーフが張り巡らさてていた。
見ると、来場者のみなさんがその葉の一枚一枚にメッセージを書き込んでいて、その葉を壁に貼り付けていたんだ。

しかも、中心には新海誠監督のメッセージがあり、アクリル板で押さえてある。ああ、この人の内側から溢れだした世界を中心に枝葉が生い茂るように、人々が何かを思い、伝えずにはいられなくなっているんだ。

ここに来た多くの皆さんの気持ちの平均値より、私自身の気持ちが上なのか下なのかはわからない。
だけど、なにかを伝えたくて仕方がなくて、私はこんなブログをやっていたんだ。

であれば、壁を埋め尽くす多くの葉の1枚に、私もなりたいと思ってしまい、メッセージを書くことに。


自分が秒速5センチメートルから受け取った鮮烈な気持ちへの感謝と、そのほとばしりをブログにしていること。そして、「ブログ 桜花抄の軌跡 マスター」と書いて。

誰かが読んでくれるのかな?

読んで、へえ、ブログなんてやってんだ、なんて思ってくれるのかな。

そのうちの一部の方は、スマホで検索してくれるのかな。

見てもらえるだけで嬉しいのだけれど、ま、普通、そこで終わるよね。

でも「ブログ見たよ!」なんて意思表示をしてもらえたら、ちょっと心が震えるよな。

・・・なーんて思って。ふふ、スケベゴコロですな。

shinkaimakototen002.jpg


今日は、まだ東京出張の余熱というか残渣が、ボクの心の内に残っています。
新海誠展の図録も、まだ開いていない。職場に持っていって、休憩時間にでも見ようかな。でも、人に見られたら恥ずかしいし。などと思い、自分の部屋に転がっているそれを脇目に、出勤した訳でもあり。


そんな今日の夜、とあるメールが届きました。

あれ? これってずっと放置していたこのブログにコメントがあったよ、ってこと??

その瞬間、思いますよ。もしかして、あれ、見てくれた人が?


そそくさとスマホでチェック。
すると、やはり!コメントを下さった方が!

とむそん様、ありがとうございます。
感じ入っておりますよ。

チラ見していただけるだけでも嬉しいのに、その思いまで伝えてくださいまして。

実はね、新海誠展では少しだけ寂しかったのですよ。
秒速5センチメートルの展示で、ロケハンの実写画像と作品のシーンを比較するコーナーがありました。

私としては、iPhoneの中に、まさにその地の画像が入っている!

周りの人に、言いたいわけですよ。ほら、ボクもここに行ってきてね、ほら、こんなふうに撮影してきたんですよ!と。

2人連れなど、複数名で新海誠展に来ている方が多いけれど、私のように、たった1人で来ている人も珍しくはない。
そんな方に、声を掛けたい。

第一、新海作品の主要テーマが、広い世界の中での人の心の距離、じゃあないですか。同じものを感じている人同士が、こんなところで繋がり合う喜びこそ、この場にふさわしい!


・・・と一人で思ったとしても、もし行動に移したら、それはまあ、控えめに言って変人ですから。
仕方ないです。

そんな寂しさがあったからかも知れない。あのリーフに、繋がりたい気持ちを込めたのかも知れない。



それが、今日。まさに叶ったのだと感じています。本当に、嬉しいことです。


もし、とむそんさんの他にも、新海誠展のメッセージボード、そのリーフを見てここを訪れてくださった方がいらっしゃいましたら、どうぞ、コメントでも。

望外の喜びでございます。


ああ、そして少しだけ残っている未公開画像をアップすることにしましょうか。もう少し後で、ね。

ということで、今日のところは失礼します。


スポンサーサイト
番外編 新宿御苑その2
西日本は梅雨入りした模様でございます。新宿御苑もあと数日で。

gyoen02.jpg

これは失敗ですね。落ち着いてチェックさえすれば、現地で気付いただろうに。

手前と奥の柱の太さについて比較してみると、
映画キャプチャ画像での太さの差よりも、私が撮影した画像での太さの差の方が大きい。

これは撮影時の焦点距離の差。
すなわち、映画ロケハンでは少し離れたところからやや望遠で撮影し、被写体の圧縮効果が出ているのに比べ、私は広角レンズで被写体に近いところから撮影したため、遠近感がより強調されている、ということです。

ああ、いかん。

でも、もう一度リベンジに向かおうという気になりにくいですね。「秒速~」であれば居ても立っても居られないのでしょうけど。
まあ、撮影ポイントで同好の士と会える確率から、このポイントは超おススメなのですが。

次回もちょっと残念さんが続きます。

テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

番外編 新宿御苑その1
全国のfumbartファンの皆様、こんにちは! ご無沙汰を繰り返しております。
既にバトンはRB4さんにつないでしまっているfmbartさんのご光臨ですよ~。

あれ、fumbartファンなんていないですかそうですか。仕方ない。全国の新海誠ファンの皆様・・・、いやここは秒速病に罹患されている皆さまの方がよいかな、こんにちは。

ネタが尽きかけていることはお伝えしていた通りなのですが、今年もやってきました5月出張!あえて新宿に宿をとって参宮橋やら代々木八幡やらを歩き回っていた昨年まででしたが、既に主要なネタをほぼ掘りつくしてしまった結果、あまりテンションが上がらない出張前の数日間。

去年までのこの時期は、さてどこをどうやって歩くかな?まだ取れていないポイントは?などとワクワクしながら引用画像のキャプチャにいそしんでいたのですけれど。

と思っていたら、かなりニッチな画像が新宿界隈にはまだまだ残っていることに気付いたのが出発前夜。あゝ、絶対的に準備時間が足りない!

まーそれも来年への活力として残しておくことにしよう。

ということで、今年の出張ではそれほどテンションの上がらない、でも押さえておくべきポイント、言の葉の庭=新宿御苑に行って参りました。

これにしても準備が足りていないことが明白でして、しかもお客さんが多いこのポイントではじっくりと腰を据えた撮影ができかねましたので、結局、行ったよね~という記念写真レベルの模写に終始しました。う~ん、消化不良。

とりあえず、画像をアップしましょうか。

gyoen01.jpg

うむぅ、しょっぱなからこのクオリティー。そうだった。新海監督のロケハン撮影では、しゃがんだくらいのローアングル、あるいは脚立に載ったくらいのハイアングルが多用されている(であろう)ことを失念していました。この画像なら、もっと低い位置にカメラを構えるべきでしたね。

まー「秒速~」ではないので、このくらいで許しておいてやろうか。いや、許しておいてください。

しかし感じ入ったのは、平日の午後3時~4時頃というのに、このポイントには「言の葉~」を伝って訪れる方が何人もいたということ。私を含めて3名。しかも、私以外のお二方は、いずれも激しくマニアックなカメラを携えてのご登壇。ああ、私もせめて、Dfでも持ってくるべきだったか。いや、当代のカメラ製品群に於いて趣味性の高いモデルの最右翼に立つ我がDfを以てしても、彼らのカメラの前にはひれ伏すしかないほどのお二方であった。

おひと方はコンタックスのフィルム一眼。フィルム機ですよ奥さん。シャッターひと押し100万円!あ、万円は関西弁でして、対標準語円のレートは1関西万円=1/10000標準語万円となります。いずれにせよ、今となっては本気のカメラ道を進まれている証左と言えましょう。

もうひと方は、さらに上をいかれる。私が到着した時に、ちょうどガサゴソとカメラをバッグに収納されるところだったが、そのカメラ、たとえばこんな感じの箱型一眼の中判フィルム用カメラだと思われる。ややカメラヲタを自認する私ではありますが、ちょっとこれ、分からないなぁ、という感じのプロっぽい凄みを感じさせられるマシンでありました。

少しお話ししてみると、建築デザイナーでありながらカメラマンもなさっているという。なるほど、プロでいらっしゃいましたか、これはお見逸れいたしました。

お名刺を交換させていただきまして、ウェブサイトもご案内いただきましたので、ご紹介させていただきましょうか。グッとくる作品群(建築/造形/撮影)に目を奪われました。

しかしこれも新海作品によるご縁でございますなぁ。ユースフさんをはじめとするウェブ上でのご縁もあれば、リアルワールドでも。病の深遠はまだまだ深そうです。


次回以降、この御苑の「あずまや」を数枚ご紹介します。いずれも、不肖、でございまするが。



テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

両親に別れを告げる明里
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その140 両親に別れを告げる明里

iwafunehome.jpg

あれ、このアングルまだ撮ったことなかったっけ?・・・などと思ってしまうのは、それだけこの地へ何度も足を運んだからなのでしょう。3回かな。いや4回?あれ?

3回か4回かと迷うのも、そういうこと。

いい感じの撮影ではありますが、もう少し後ろから広く撮った方が良かったかな。
ともあれ、変わりゆく光景が多くなってきた中、安心できる撮影となりました。


さて、残すところあと1枚。何度(2度です)チャレンジしても上手く撮れなかったそのアングルを、果たしてリベンジできたでしょうか。乞うご期待です!

テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック

「岩舟駅前」再々訪
秒速5センチメートル 聖地巡礼 その139 「岩舟駅前」再々訪

iwafuneekimae03.jpg

岩舟駅前、三度目。(前回の訪問は、コチラ)

この度の撮影は、2014年のGW中にクルマで訪れたものでした。深夜というか早朝3時に岩舟町内に着いたので、明るくなるまで車内で仮眠をとろうと思ったのですが、どうにも興奮して眠れない。どこかの小屋に、明里と貴樹が二人で居るのでは?などとは、三度目にでもあるので思うことはありませんでしたけど。

そういえば、夜の撮影はしていなかったよなと思い、駅前にクルマを進めました。

本当に暗く寂しい駅の待合室をぐるっと歩き、そして外を向いてカメラを構えました。

画面右奥の建物も建て替わっている。

街灯は、蛍光灯の柔らかい光ではなくLEDの鋭い光に替わっている。もう時は戻らないのだと、当たり前のことを切なく思う。


そして、手元に残っている画像は、あと2枚となってしまいました。あと2週間。

その先、どうするかなぁ。ユースフさんみたいに湧き出る泉は持ってないしなぁ。
秒速5センチメートルが上映されてからもう8年ですか。その作品のことをリアルタイムで更新しているサイトなどもうほとんどないでしょうし、潮時なのかなぁ。

そんなことを思いながら、今日はおやすみなさい。

テーマ:秒速5センチメートル - ジャンル:アニメ・コミック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。